カーペットの種類と使い方

カーペットは、厚みがあって高級感のある質感と、柔らかい歩行感が、その大きな特徴になっています。
また、衝撃吸収性や保温性に優れている上に、防音性にも優れているため、下の階への音が問題になりやすいマンションなどの集合住宅の床材には、大変適しています。
しかしその一方で、ホコリやゴミが混入しても掃除がしにくく、ダニなどが発生しやすいという衛生上の問題点もあり、そうしたことから、キッチンや洗面室のような水廻りには、あまり適していない床材であると言えます。
その素材には、大きく分けて、天然繊維のものと化学繊維のものとがあります。
天然繊維には、絹やウールがよく用いられます。
絹は美しい光沢を持つ高級品として、ウールは、通気性や吸放湿性、保温性に優れた素材として、それぞれ人気があります。
また、その製法や毛足の形状によっても、様々な種類があります。
製法としては、織り製法のものと、針で刺し込む製法のものとがあり、毛足の形状には、カットタイプやループタイプなどがあります。
そうした多彩なバリエーションに加えて、近年では、置き敷きするタイプの、いわyるラグなども増えてきており、気分やインテリアによって、敷き変える使い方で人気をよんでいます。

カーペットで部屋の雰囲気を変えよう

部屋の模様替えをするときなどに新しい家具を買ったりする人は少なくありません。
今まで部屋になかった新しいものを置くことによって雰囲気を大きくかえることができます。
カーペットを敷くことによって部屋全体に雰囲気だけでなく、暖かみを出すこともできます。
フローリングなどでは冷たいイメージがあり、実際に冬場では床暖房がなければ冷たく冷えてしまいます。
カーペットには様々な種類があり、毛の長いものや毛の短いもの、部屋全体に敷くような大きなものからラグのように部屋の一部だけに敷くものまでたくさんあります。
リビングなどの他の部屋と比べて広めに部屋にはラグのようなものがおすすめです。
一般的にリビングのような部屋にはあまり敷きません。
ですが、ソファの前やリラックスするところに敷くだけで暖かい雰囲気が出ます。
また、和室を洋風の部屋にしたいときに活躍します。
畳全体をに敷き詰めることで和風な雰囲気をかなり抑えることができます。
部屋一面に敷くときは毛の短いものが良いでしょう。
あまり毛が長いと物を置いたりするときに少し不便になってしまいます。
カーペットは様々なところで使える上に種類やデザインも豊富なので自分の部屋にあったものを探すのも面白いかもしれません。

pickup

飛行機 ラジコン
http://www.radicon-guerrilla.com/
ダイビング 宮古島
http://miyakojimasensui.net/
電解水素水
http://www.aquelasuiso.com/
ダイビング 東京
http://bluesub.com/
オーダーメイド ゴルフクラブ
http://www.again3.com/

最終更新日:2015/9/4